テヘラン・イマームホメイニ国際空港

概要

市内から30キロ離れた場所に位置する国際空港。旧空港であるメヘラバード国際空港から国際線の多くが移転されてきた。

公式ウェブサイト

http://ikia.airport.ir/(ペルシャ語、英語)

空港コード

IKA

空港の構造

ターミナルは1つのみで、すべての路線が発着する。チェックイン開始までチェックインカウンターのある区域に入ることはできず、それまではカウンター前の待合場で待機することになる。

交通機関

タクシー

ターミナル前から発着。市内中心までは米ドルに換算して20~30ドルほど。出口付近で「タクシー?チェンジマネー?」と外国人をターゲットにしてくるしつこいドライバーがいるが、白タクまたは悪質ドライバーの可能性が高いので、相手にせず、正規の乗り場から乗ること。

バス

国内線の多くが発着するメヘラバード国際空港行き、アザディ広場経由のバスが運行しており、メトロのShahed駅またはHaram-e motahar駅で途中下車もできる。出口を出て左側に乗り場とチケットブースの小屋が見える。運行状況は不安定で、数時間待たされたあげく、今日は運行しないと言われる場合もある。バス自体は24時間運行ということになっているが、乗り継ぎ先の地下鉄は5:00になるまで運行しないため、深夜早朝に到着した場合は空港で待機したほうがよい。

乗り合いタクシー

バックパッカー向け安宿の情報ノートに書かれている方法。乗り合いタクシーが地下鉄のShahed駅前のロータリーと空港の前を通過するが、ターミナルには入らず、駐車場のさらに向こう側の車道を通過し、運行も不定期なため、空港から市内に向かうには使いにくい。
帰りに空港に向かう場合、Shahed駅前のロータリーは看板が古いままで役に立たず、外国人を狙った悪質タクシードライバーが集団でたむろしており、一般人を装った仲間がグルになって「乗り合いタクシーはなくなった」と言い、無理矢理自分のタクシーに乗せようとするので要注意。値段は「ノープロブレム」と言って交渉に応じないか、あるいは法外な額をふっかけてくる。以上の理由により、ペルシア語ができるのでなければあまりおすすめできない。

空港ホテル

空港利用者向けのトランジットホテルは現在建設中。

空港内の施設

インターネット接続

無料でWifi接続サービスを提供していることになってはいるが、接続状況は良くなく、全くつながらない場合も多い。

両替

銀行は深夜早朝も開いているが、あまりレートが良くないため、最小限にとどめた方が良い。銀行では再両替はできない。2階の出発エリアの両替所のみ、ドル、ユーロおよび周辺諸国の通貨に両替できるが、営業時間がはっきりしないため要注意。また、出国審査後の制限エリアでは、米ドルやユーロも使えるが、レートが非常に悪いので、買い物の予定がある場合は、イランリアルを手元に残したほうがよい。

最終更新日:2015年3月3日