北京首都国際空港

概要

北京の北東27キロに位置する空港。

公式ウェブサイト

http://www.bcia.com.cn/(英語・中国語)

空港コード

PEK

空港の構造

ターミナルは3部構成。ターミナル1は主に国内線や中国の航空会社が利用し、ターミナル2、3は国際線や海外の航空会社が利用する。各ターミナル間は無料のシャトルバスで結ばれている。
国際線から国際線への乗り継ぎであっても、一旦は入国審査を通過しなければならない。

交通機関

地下鉄

地下鉄空港線がターミナル2、3から「東直門」「三元橋」駅までを30分で結ぶ。25元。バスに比べて割高だが早くて清潔。

空港バス

北京駅、西単などの間を1時間で結ぶ。

タクシー

所要時間40分程度。白タクの客引きが到着ロビーで声をかけてくることがあるが、中国語を話していても無視すること。

プライベート送迎

旅行会社やホテルが送迎を行っている。タクシーに比べて割高だが安全。

近隣地域への移動

天津などの都市へ直接向かうバスが走っている。

空港ホテル

首都机場賓館 Capital Airport Hotel Beijing

最も空港に近い、老舗の空港ホテル。無料送迎を行っている。

クラウンプラザ・インターナショナル・エアポート・北京 Crowne Plaza International Airport Beijing

外国人も多く宿泊する、無料送迎付きの高級ホテル。日本料理レストランもある。

ヒルトン・北京・キャピタル・エアポート Hilton Beijing Capital Airport

おなじみの高級ホテル。無料シャトルバスが24時間運行している。

北京空港奥竺賓館 Beijing Aulympic Airport Hotel

無料送迎付きのリーズナブルなホテル。サービスは値段相応。英語が通じないこともある。送迎利用の場合は予約時にフライト番号を知らせる必要がある。時々、迎えの車が来ていないこともあるので、その場合は空港のインフォメーションから電話すると良い。

空港内の施設

インターネット接続

Wifi接続が無料で提供されている。ターミナル2と3には、インターネット端末もある。

荷物預かり/コインロッカー

ターミナル1と2を結ぶ通路の途中、ターミナル2の到着フロアと出発フロア、ターミナル3の到着フロアに荷物預かり所がある。

両替

多くの中国の空港と同様、金額に関わらず1回につき60元の手数料がかかる。まとめての両替が得。

最終更新日:2013年1月13日