台湾桃園国際空港

概要

台北市中心から40kmに位置する国際空港。

公式ウェブサイト

http://www.taoyuanairport.com.tw/japanese/(日本語)

空港コード

TPE

空港の構造

ターミナルは2部構成。第1ターミナルと第2ターミナルの間を無料のスカイトレインが結んでいる。また、入国前/出国後の制限エリアでは、ターミナル間は距離があるものの、徒歩でも移動でき、乗り継ぎに便利な構造になっている。

交通機関

バス(客運バス)

数社が市内へのバスを運行。切符売り場は1箇所に集まっている。所要時間は50分前後。運行時間は会社により異なるが、空港からは4:00~0:30頃まで。渋滞することがあるため、余裕をもって移動する必要がある。

台湾高速鉄道

空港から桃園駅までバス(U-bus)で行き、台湾高速鉄道に乗り換える。

タクシー

空港料金としてメーターは5割増しになり、他に高速料金がかかる。市内まで約$1500前後。
到着ロビーに外国人をターゲットにした客引きがいることがあるが、相手にしないこと。

近隣地域への移動

台中、嘉義など地方都市へ直行するバスもある。切符売り場は台北行きと同じ。

空港ホテル

エバーグリーン・トランジット・ホテル Evergreen Transit Hotel

空港の第2ターミナルの制限エリア内にあるホテル。

ノボテル台北桃園国際空港 Novotel Taipei Taoyuan International Airport

空港から車で5分。無料のシャトルバスが15~30分間隔で運行している。第1ターミナルの場合は1番乗り場から、第2ターミナルの場合は専用の乗り場から乗車する。

城市商旅航空館 City Suites Gateway Hotel

空港から車で5分の、日本人が多く利用する中級ホテル。シャトルバスは無く、タクシー利用となる。周囲はコンビニなど最低限の店しかない。

花語旅館 Hua Yue Hotel

高鉄桃園駅から徒歩10分ほどの、日本人が多く利用する安ホテル。日本語や英語を話せるスタッフがいることもあるが、中国語のみの場合もある。送迎はないので、空港間の移動はバスかタクシー利用となる。深夜早朝はタクシーのみで空港まで500台湾ドル前後。

空港内の施設

インターネット接続

無料でWifi接続サービスを提供している。

シャワールーム

第1ターミナルに古いが無料のシャワーがある。エバーグリーン・トランジット・ホテルではシャワーのみの利用も可能(有料)。

荷物預かり/コインロッカー

06:00~23:30の間営業。第1ターミナル1階の出発エリア、第2ターミナル1階の到着エリア、第1ターミナル3階の出発エリアに窓口がある。

最終更新日:2013年1月13日