サンフランシスコの市内観光/乗り継ぎ・トランジットの待ち時間の活用

日本からも直行便が就航し、観光地としても人気のサンフランシスコ。
サンフランシスコ国際空港での他の都市への乗り継ぎ時間が長い場合、観光に出ることができます。

荷物がある場合、先にチェックインしてしまうか、国際線ターミナルの到着ホールの荷物預かりで預かってもらうことが可能です。
市内に出るのに一番便利で確実なのは、列車のBARTです。渋滞の心配がありません。
サンフランシスコ国際空港は中心地からは離れているため、入国審査に1時間、往復に1時間(BART利用の場合)、2時間前に空港に着くことを考えると、国際線からの乗り継ぎの場合、4時間、国内線の場合でも3時間の余裕が必要です。

サンフランシスコの定番コース

サンフランシスコが初めてであれば、BARTでパウエル駅に向かい、ケーブルカーに乗ることをおすすめします。観光客に人気のレトロな路面電車です。

DSCG0435

ケーブルカーはチャイナタウンを抜け、有名なフィッシャーマンズ・ワーフに到着します。
風光明媚な中にシーフード・レストランなど観光客向けの店が並び、昔の港町を再現した展示などもみられます。

DSCG0443

時間に余裕がある人向けのコース

乗り降り自由なBig bus tour社の観光バスが、有名な見どころを網羅しています。24時間、48時間、アルカトラズ島のチケットつきなどから選ぶことができます。チケットは予約サイトでも予約が可能です。
サンフランシスコ 乗り降り自由バス

DSCG0498

監獄島で有名なアルカトラズ島へはフェリーで行くことができます。出発から到着まで最低でも3時間は必要なため、時間に余裕がある時向けです。
有名なサンフランシスコのシンボル、ゴールデンゲートブリッジへは、交通の便はあまりよくありませんが、観光バスで行くことができます。

goldengate

↓ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ

2015年1月6日